効かない人はこれを試してみて

効かない人はこれを試してみて

えんきんが効かない人は、サプリだけでなく目の疲れを取るために
いろいろ試して見たほうがいいかもしれません。

 

 

えんきんにはよくアイサプリに使われているブルーベリーだけでなく、
ルテインやアントシアニン、アスタキサンチンなど、
目の健康を多角的にサポートしてくれる成分が配合されています。

 

それを1ヶ月使ってまったく効かないようであれば、
サプリだけでは追いつかないくらい日々目を酷使しているか、

 

もしくはサプリではどうにもならない原因(疾患など)があるのかもしれません。

 

 

日中ずっとパソコンを使っているなど、
目を酷使していることが明らかな方は、

 

一定期間えんきんを使っても効かないようであれば、

 

ブルーライトカットのメガネを使ってみたり、
一日に何度かホットタオルを目に載せて温めてみたり、

 

普段から目への負担を軽減し、目の疲れを癒やす習慣を取り入れてみましょう。

 

 

ある程度それが積み上がっていけば、だんだん目の疲れと回復のバランスが、
回復側に傾いていくはずですので、

 

起き抜けの目の疲労感などが落ち着いて来て、回復を感じられるようになってきたら、

 

一定期間その習慣を続けて目の疲れを抜いてしまいましょう。

 

 

その後で、えんきんは使い続けたまま、
目のための習慣のうち、負担が大きいものから少しずつ減らしていけば、
ちょうどいいバランスが見つかるはずですよ。

 

長期間目を酷使して疲労を溜めていた人が、
ある日アイサプリを使い始めてもすぐには効果を感じられないかもしれません。

 

ある程度の期間は、サプリだけでなくいろいろな方法で目の疲れを減らすようにしていきましょう。

 

>>【えんきん】ルテインの副作用は?えんきんの成分からアレルギー分析!